理念と政策

視点はくらし、対話と共感、スタートはここから。

生活者の視点に立ち、できるだけ多くの人と対話し、共感し合うこと。私の始めの一歩はここからスタートします!

  • 対話と共感を大切にします!
  • 女性、生活者の視点で行動します!
  • 現場主義で問題解決を図ります!

佐口よしえの5つの視点

女性の視点

  • 男女平等参画を進めることにより、女性が活躍できる場をひろげます。
  • 女性同士がつながれる場づくりをすすめます。
  • 女性が議員になれる環境をととのえます。

子どもの視点

  • 保育環境をととのえ、子育ての充実をはかります。
  • 平和憲法のめざす戦争のない政治を実現します。
  • すべての子どもたちが学べる環境をととのえます。

命と環境を守る視点

  • 多様な個性や価値観が認められる「共に生きる社会」を実現します。
  • 原発ゼロ基本法案の成立をめざします。
  • どんな災害があっても、命が守られるような社会をつくります。
  • 琵琶湖保全再生法の活用をはかり、母なる琵琶湖との共生を進めます。

働く人の視点

  • 育児・介護休暇の整備強化をすすめます。
  • 地域の中小企業、農林水産業や建設業などの地域産業をそだてます。
  • 教員の働く環境をととのえます。

高齢者の視点

  • 地域で安心して人生の最期を迎えられる仕組みをつくります。
  • 地域で孤立する高齢者の居場所づくりをすすめます。
  • 高齢者が活躍できるような仕組みをつくります。

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。佐口佳恵,さぐち佳恵,さぐちよしえ